FC2ブログ

☆★☆ 医師 ☆★☆ 1/22放送【桜海時津学園資料室】なりたいお仕事について聞いてみた!

お二方のお医者さんに話を伺うことができましたー!!

アンケート

①目指したきっかけや時期を教えて?

②医師に必要なモノ(学習面や精神面)はなに?

③壁にぶつかった時はどのように対処する?

④何が壁となりうる?

⑤やりがいはなに?

⑥患者さんにされたら嫌なこと、困ることはある?

⑦目指してた頃と、なってみてからのギャップはある?

⑧またお医者さんになりたい?



☆★☆ 医師 ☆★☆


①自分のアトピー性皮膚炎がめちゃくちゃ悪くて、1度治ったのに大学浪人時代に再度悪くなり、寝たきりのような状態になったことがきっかけ。

自分以外にも同じように苦しんでる人がいるんだろうなと思った。



②医師になるのに必要なものは受験勉強だが、医師になってから必要なものはコミュニケーション能力。

昔ながらの偉そうなだけの医師は患者からもスタッフからも家族からも見離され、晩年は孤独である。

勉強に関しては特別な努力がいるが、才能はいらない。

少なくとも、100mを10秒で走るような、どう頑張っても無理だと感じてしまう才能はいらない。



③(壁にぶつかった時の対処)自分の悩みやストレスも患者とは関係ないものだと思うようにしている。


手術の前にプライベートのことなどで激しく心が動揺することがあるが、そう思うことで心を落ち着かせている。



④(何が壁となりうるか)どの医師にも結局共通しているのはやはり人間関係ではないか。



⑤(やりがいは、)患者さんから感謝されること、と言いたいところだが、現実には、自分が良く出来たと思う手術でも患者さんから感謝されなかったり、あまり良くなかったと思う手術でも感謝されることもある。

結局やりがいは、自分がその仕事に対して悔いのない仕事ができているか、という満足感なのだと思う。

また、仕事(手術時間の速さや出血量の少なさ)などに対して、スタッフや他の医師から認められることもやりがいのひとつ。



⑥(患者さんにされたら嫌なこと、困ること)
丁寧に接するようにしてるので、初めから偉そうな患者にはウンザリしてしまう。

(足の組み方でも偉そうな感じとそうでもない感じがある。)



⑦(ギャップについて)
夢とは、患者さんを救うことだったと思う。

しかし、現実はしっかりいい仕事をするということ。

これは同じようで違うことだと思う。

他の職場でも、優しいけれど仕事が全く出来ない人、逆に仕事はできるけど冷たい人がいると思う。

医者の世界では昔から(今でも)後者がかっこいいとされてきた。

無愛想でも知識のある医者が偉いと。

しかし、ガンの末期で死にゆく時、それでも知識のある偉そうな医師に会いたいと思うか。

患者さんの為ということについては日々悩みどころ。



⑧(また医師になりたいかどうか)
もちろんなりたい。

自分だけでなく全ての人にオススメ。

医者になってから様々な診療科を自由に選べるので、向いてない人はいないと思う。

結局は受験勉強の話になるが、若い頃の数年間、地獄見てもいいじゃない。

アスリートより長く活躍でき、収入もいいよ。






…とのことでしたーーー!!!

たくさんエピソードを交えながらお話してくださったので、なんだかとっても身近に感じるというか、、、想像がしやすいですね!!

アンケートの結果を読んでいて感じたのは、

「(患者さんやスタッフなど他者に対して)こう思ってくれているお医者さんが居てくれるのって嬉しいな〜( ´ ▽ ` )」

ということ。

日頃(神谷は病院勤務)、私、石ころ帽子かぶってたっけな!?(石ころ帽子:ドラえもんの未来道具)、と思うような人(医師)もたくさん出会ってきた。

妊婦健診の時も機械的で作業的な対応に信用や信頼が生まれるはずもなかった。のですよねぇー。

どんなに塩対応であっても、必要なことを充分にしてくださるのであれば当然文句は無いし、きっとこんなものよね、と割り切るしかないのだと思ってきました。

でもね!世の中には存在するのだ!

腕もある!人間関係も良好に築く!信用、信頼の深く厚い先生が!!

評判は良くも悪くもたちどころに広まりますしね。

カルテばっかりとかじゃなくて、生身の人間をちゃんと診て、会話を重ねて、必要な情報を把握して、正しい判断や回復までの道筋を決めていく方が(お医者さんも患者さんも)無駄がないんじゃないかな、って。思うのですよね。個人的には。



患者としての立場しか知らないからお医者さんが何に重きを置いているのかな
(開業医だとホームページやパンフレット、口コミなどでなんとなく知ることが出来るが、大きな病院では人数も多いから院長や本部の方向性に賛同してるのかな?程度で、お医者さん個人個人のベクトルがイマイチ分からない)、とか

⑥の設問で「患者さんにされたら嫌なこと、困ること」を聞いたけれど、「スタッフにされたら嫌なこと、困ること」というのも聞いてみたいな、とか

診療科を選択する上で決め手になったことは何か、とか

聞いてみたいことがより一層増えちゃいました…!!





さて、アンケート結果からの神谷的学び!


★壁にぶつかっても自身で緩和、解決する強さがすごい!

気持ちの切り替えがとても上手なのだと思う。

物事のボーダーがはっきりしている、ということかしら。

負の感情を引きずったまま、その原因とは無関係のことを機嫌悪く取り組む人は少なくないだろう。

見習って気を付けたい。



★最低限のマナーは、ほんっっとーーーにどこでだって大事だなと力強く思う。

偉いかどうかって他者が判断、評価することなのでは?

自分で自分を偉いと褒めるのも自信を持つのも自由だし、大事なことではあると思うけれど、他者への振る舞いは「偉さ」と全くもって関係ないと思う。

気持ちよいコミュニケーションを心掛けたいな。



★結果が大事、過程も大事。

目標や目的を達成できたかどうかは当然大事だが、

それに至るまでの過程を自分でどう感じるか、他者がどう感じるか、

大切にしたい。

人間性を磨きたい。





ということでしたっ!

みなさんはどんなことを感じましたか?






アンケートに回答してくださったあなたへ。


お話を聞かせてくださり、本当にありがとうございます!

相談を持ちかけた時の迅速かつ丁寧な対応にはいつも感謝感激しています。

一度しか話していない小さな内容も覚えてくださっているのには驚くと同時にとっても嬉しく思っています。

知識や技術だけでなく、コミュニケーション能力の必要さを聞いて改めて、寄り添う先生なのだなと感じました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト



プロフィール

バンピーアクターズ!

Author:バンピーアクターズ!
毎週火曜日
22:00~かわさきFMにて
青春ドタバタ学園系ラジオ番組
「バンピーアクターズRadio!」
放送中!

※リスラジなどのアプリを使えば、
全国どこでも聴くことが可能です!

予告、宣伝、その他の活動など、
当BLOGでお知らせいたします。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR